gleen
正誤表

胃X線検診 上部消化管検査必携テキスト 正誤表
ページ
9頁右段最下行から10頁左段1、2行 まず大弯・小弯を中心に2cmの幅をもたせてから、2cmの幅の部分をさらに三等分し、それぞれ前壁寄り・中央・後壁寄りと区分する まず大弯・小弯を中心に2cmの幅をもたせ、小弯のみ2cmの幅をさらに三等分し、前壁寄り・中央・後壁寄りとし、大弯は分割しない
11頁 図1-17中央部 胃X線検診 上部消化管検査必携テキスト 正誤表2(誤) 胃X線検診 上部消化管検査必携テキスト 正誤表2(正)
18頁 文献 16)市川平三郎:間接胃X線撮影法によるスクリーニング.胃と腸6:690-698,1971. 16)松江寛人,ほか:高位の胃病変のX線診断.胃と腸5(9):1071-1083,1970.
75頁 文献 6)市川平三郎:胃X線読影を極める.p53,永井書店,大阪,2001. 6)松江寛人,ほか:高位の胃病変のX線診断.胃と腸5(9):1071-1083,1970.
85頁 図3-49 b:背臥位第2斜位、c:背臥位第1斜位 b:背臥位第1斜位、c:背臥位第2斜位

胃X線検診撮影技術・読影補助 超練習問題400選 正誤表
ページ
32頁 問119 1.牛角胃・横胃は腹臥位になると大彎部が背側に回っているため、圧迫用フトンの矯正がないと大彎撮影に近くなる。
2.腹臥位第2斜位になれば胃体中部~下部の前壁小彎よりが腹側に回り込み、ブラインドとなる。
3.腹臥位第2斜位になれば前庭部前壁大彎よりが背側に回り込み、ブラインドとなる。
4.胃体部小彎側よりに圧迫用フトンを入れることにより横胃を鉤状胃に近づけることができる。
1.牛角胃・横胃は腹臥位になると圧迫用フトンの矯正がないと大彎撮影に近くなる。
2.腹臥位第2斜位になれば前庭部前壁大彎よりがブラインドとなる。
3.腹臥位第2斜位になれば胃体中部~下部のみ、ブラインドとなる。
4.圧迫用フトンを入れることにより横胃を鉤状胃に近づけることができる。
49頁 問183 1.病変の存在を確認した場合、可能な限り追加撮影を行う。 1.病変の存在を確認した場合、追加撮影を行う。
49頁 問183 3.二重造影法第Ⅰ法は、粘膜面にバリウムを漂わせ凹凸を表す方法である。 3.二重造影法第Ⅱ法は、粘膜面にバリウムを漂わせ凹凸を表す方法である。
109頁 問119
解答
( d ) ( a )

化学テロにおける神経剤解毒剤自動注射器の使用に関する研修テキスト 正誤表
ページ
20(8~9行目) 1つは、②症状も③化学剤検知器も満たさなかったのだからNOと判断する対応である。 1つは、①化学災害・テロの蓋然性、②症状、③化学剤検知器、すべてを満たさなかったのだからNOと判断する対応である。

臨床 外国人外来対応マニュアル 正誤表
ページ
102 (1 行目)台帳に登録し、……
(14 行目)添付することが必要である。
(1 行目から14 行目まで)
台帳に登録して在留カードを所持した時点で、
即日、国民健康保険への加入が認められている。

0(ゼロ)からの脳神経外科学(増補版) 正誤表
ページ
47頁(図34の左、上から2つ目の赤い線の囲み内) 内包前脚 内包膝

やさしい高次脳機能障害用語事典 正誤表
ページ
401 大脳皮質構築学的領野4行目 Brodemann K Brodmann K
402 大脳皮質構築学的領野 図タイトル Brodemannの脳地図 Brodmannの脳地図
2022年6月 新刊追加
       正誤表更新